キーンベック病体験記 その9「やっと骨が」

左手の橈骨短縮術を受けて12週。

レントゲンを撮りましたが、

やっと骨がくっついてきました。

診察で先生曰く、

「骨の付きが悪いですね〜。注意して下さい、

体重かけるとボキッといきますよ」

ボキッ、といくんですね・・・。

はい、じゅうぶん注意します。

骨の付きは悪くても、左手首の可動域はだいぶ拡がってきました。

握力も回復してきています。

薬指に痛みが少し残ってますが、生活するには支障がない範囲です。


骨の付きを良くするため、病院からの帰り道、ドラックストアでカルシウムのサプリメント買いました。

効果があるか分かりませんが。

Posted from するぷろ for iOS.

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

キーンベック病体験記 その8「だんだん良くなってきている」
キーンベック病体験記 その4「麻酔が切れた痛みに悶絶する」
眠れぬ夜、Audible。
キーンベック病体験記 その24
右手が使えず困った。でも道具に助けられた。
キーンベック病体験記 その15「3回目の入院、手術」
キーンベック病体験記 その6「優しさに感涙する」
「自分の人生を生きていないと病気になる」という記事に覚醒させられた。
キーンベック病体験記 その11「抜釘術」
キーンベック病体験記 その13「ギプスの中が痒い!」
入院生活で本領発揮、Amazon fireタブレット。
キーンベック病体験記 その23「過信は禁物」
キーンベック病体験記 その5「ギプスの中がかゆい!」
キーンベック病体験記 その14「痛みとメンタル」
キーンベック病体験記 その2「キーンベック病って何?」

Menu

HOME

TOP