ご先祖様に感謝、神秘十字線。

church-348806_1280

先日、職場で手相が分かる人に僕の手相を見てもらった。
「神秘十字線がはっきり出ているから、ご先祖様に感謝しなくちゃね」とその人に言われた。

「神秘十字線なんて初めて聞くんだけど、それがあったら良いことが起きるわけ?」と尋ねると、「災難とかからご先祖様が守って下さる、とっても良い線ですよ」と教えてくれた。

先祖から守られている神秘十字形は、あるだけでラッキー! | 手相観ぱなせ

考えてみれば、僕は今まで大きな事故とか災害に巻き込まれたこともないし、手首の病気にはなったけれども生死に関わるような病気とも今のところ無縁だ。

そして、一番感じるのは「お膳立てしてもらって、自分が据え置かれる」経験が今までたくさんあった、こと。

ある職能団体に入ったと思ったら、あれよあれよという間に役員になっていたり、また違う団体でもいつの間にか会長までやることになった。それがラッキーなことかアンラッキーなことかは別として、そういう「お膳立てしてもらって、自分が据え置かれる」ことが本当にたくさんあった。

据え置かれて、苦労したことも数知れずだったけれども、それはご先祖様が与えて下さったチャンスだったかも知れない。なりたくてもなれない人もいるわけで、僕みたいなボーッとした人間が分不相応なところに担ぎ上げられるのは「運」としか言いようがない。

「運」を味方につけるか、それともそんな境遇になってしまったことを恨むのか、は自分次第。
今までの僕は据え置かれて「なんで俺が」と思うことが多かった。

せっかくご先祖様がお膳立てしてくださったチャンス。それを反古にする、そんな罰当たりなことはしたくない。
お膳立てしてもらって結果が吉とでるか凶とでるかは分からない。だけれどもせっかく与えて下さったチャンスは「何で俺が」ではなく「自分を成長させる機会」として捉えて、逃げずに活かしていきたい。

ご先祖様、ありがとうございます!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP