キーンベック病体験記 その10「握力12」

IMG_1371

左手の橈骨短縮手術を受けて5ヶ月が経ちました。
10月に入り、久しぶりのレントゲンです。

IMG_1370

8月のレントゲンでは、まだ骨がうっすらくっついている程度でしたが、今回のレントゲンではしっかり着いているのが分かります。

IMG_1369

正面からのレントゲンでは線が入ってますが、それでも8月のレントゲンと比べると線の幅が狭くなっています。

重い物は持てませんが、痛みもあまり感じなくなってきました。

ただ、左手の握力を測定したところ、12しかありませんでした。筋力がかなり落ちています。
これからのリハビリは筋力を回復することが、目標となってきます。

プレートについては除去してもしなくても良い、と担当のDrから話がありましたが、除去してもらう方向でお願いしました。。来年5月あたりで除去の手術をする予定です。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

「自分の人生を生きていないと病気になる」という記事に覚醒させられた。
キーンベック病体験記 その2「キーンベック病って何?」
キーンベック病体験記 その5「ギプスの中がかゆい!」
我以外皆我師、そして感謝。
キーンベック病体験記 その1「痛みの始まり」
キーンベック病体験記 その18「術前術後レントゲン」
キーンベック病体験記 その4「麻酔が切れた痛みに悶絶する」
キーンベック病体験記 その17「ボルタレン座薬、万歳!」
眠れぬ夜、Audible。
キーンベック病体験記 その9「やっと骨が」
医療費が高額になりそうな時は、限度額適用認定証を利用しましょう。
キーンベック病体験記 その24
キーンベック病で入院手術にかかった費用。
入院生活で本領発揮、Amazon fireタブレット。
キーンベック病体験記 その12「プレートと釘に感謝」

Menu

HOME

TOP