雪とか霰とか霙とか雹って何がちがうの?

IMG_1878

九州生まれで、今も福岡県に住んでいるので、そうそう積雪に出くわすことはない。

今年は特に暖冬で12月に入っても、暖かい日が続いた。

ようやく12月も中旬になって、初雪が降ったわけだが、今朝降った雪が雹(ひょう)みたいで、バラバラと音を立てて降っていた。

そんな時思ったのだが、雪、霰(あられ)、霙(みぞれ)、雹(ひょう)って何が違うのか。

ちょっと調べてみた。

気象庁|予報用語

 

 

 

雪・あられ・ひょうの違いは何ですか?

 

 

 

雪:雲から降ってくる氷の結晶そのものを指したり、それが降ってくる現象のことを指したり、それが地面に積もっている状態。

霰(あられ):雲から落下する白色不透明・半透明または透明な氷の粒で、直径が5mm未満のもの。

霙(みぞれ):雨まじりに降る雪。または、解けかかって降る雪。

雹(ひょう):積乱雲から降る直径5mm以上の氷塊。

 

あられとひょうの違いは粒の大きさ、みぞれは雨と雪が混じってるってことか。

ひょうが降った、と聞くと「荒天」をイメージしますな。

 

北国の人にとっては雪もあられもみぞれも珍しくないんだろうが、九州の人間にとっては雪が降ることは一大イベント。雪が積もった日なんかにゃ、気分が高揚してしまう。でも今年は暖冬だから積もらないかな。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP