仕事以外の繋がりをつくろう。

pals-769469_1280

会社以外に、例えば住んでる地域に友人がいる中年男性ってどれだけいるのだろうか。
ずっと親元で暮らしていたり、親から独立しても生まれ育った所に住んでいる、そういう人は仕事以外の繋がりがあると思う。

僕が心配するのは、生まれ育った土地から離れて、仕事以外の人との繋がりが無い、そんな人だ。

かく言う僕もその一人で、今、自分が住んでいる土地での友人と呼べるような人がいない。
今はそれでいいのかもしれない。しかし、仕事をリタイアした時、僕は妻以外の人と社会的な繋がりを持てているだろうか。

休みの日に趣味で繋がっている人が、楽しく過ごしているところを見ると、とても羨ましく思う。そういう人たちは若い。はつらつとしている感がある。

今のところ、僕は休日は息子と一緒懸命遊んでいるから、それで十分満足している。しかし、息子が一人立ちした時、空虚感に襲われるのじゃないかと思っている。だから、もう少ししたら地域の行事に参加したり、ポタリングの仲間をつくったり、ブログで繋がりをつくったり、そんなことをしていきたい。

食べていくためには仕事も大事だが、それだけではつまらない。仕事以外で様々な人たちと繋がりを作ることで人間味にも深みが出てくるはずだ。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

傷つくことを恐れない。
自分の感情を俯瞰することで、自分を知る。
「回避性愛着障害」という本を読んでいる。
「ざっくり言うと」とか「ほぼほぼ」って誰が言い始めたんだ。
使う言葉に気をつける。
他人は変えられない。
迷惑メールって粘り強いね。
たまには愚痴ろうよ。
自分の人生を生きていないと病気になる、という記事に覚醒させられた。
気になる言葉がある、でも言葉は変化する。
批判よりも提案をする。
他責の人
noimage
お人好しはもうやめた。

Menu

HOME

TOP