キーンベック病体験記 その12

入院2日目。

左手首に埋め込んだプレートと釘を抜く手術を受ける。


朝6時から絶飲食だったが、昨夕のどんぶりメシが効いて腹も空かず。のども乾かなかった。

9時前にシャワーを浴び、手術衣に着替える。

10時から点滴。

点滴前に検温と血圧測定。僕は平熱が高い方なのだが、シャワー浴びた後のためだろう、この時は37.4度あった。問題は血圧で収縮期の血圧は正常の範囲内なのだが、拡張期血圧(下の血圧)が90以上もあり、再検時も同じような値。

手術には影響がなかったようだが、担当のナースからは「これが続くようだったら、内科の受診をお勧めします。それと塩分には気をつけた方が良いですね」とのご注意。

そう言えば、手術前の血液検査でもコレステロールと中性脂肪の値が「高い」にマークされていた。年に一度の職場での健康診断でも要注意、だった。

これは本格的に対策を打たねばならぬ。まだ脳こうそくや心筋梗塞にはなりたくない。

退院したら

血圧計とウェアラブル、ランニングシューズの購入を検討し、クックパッドで塩分控え目のレシピを参考にしようと思っている。

さて、点滴の続きだが、抗生剤と眠くなる点滴が手術の前に追加。そしてセルシンを4錠飲む。これでだいぶ眠くなってきた。昨日の寝不足もあり、眠気に拍車がかかる。

前回はオペ室まで車椅子でいったが、今回は歩いて行ったてみた。

オペ室に入る。ナースが頭にキャップを被せてくれる。オペ室には何か音楽が流れていた。J-popだったような気がする。手術台に乗り、口にマスクをあてがわれたところで夢の中へ。

前回は首と脇の下の麻酔注射が猛烈に痛かったのだが、今回は全く感じなかった。Dr.が配慮して下さったのだろう、と善意的に解釈することにした。

夢の世界にどれくらいいただろうか?夢の内容はほとんど覚えていないが、ナースから「終わりしたよ〜。大丈夫ですか?」と言われると「夢を見てました」と答えていた。

前回は「何のこれしき、オギノ式です!」と答え、オペ室が冷たい笑いに包まれたことを思えば、今回は僕のコミュニケーション能力も少しはマシになった。

ストレッチャーで病室へ。この辺は記憶もおぼろげ。時々ナースが血圧を測りに来ていたようだった。

夕方、妻と子どもが面会に来てくれて目が覚めた。

左手はまだしびれていて感覚が無い。右手は点滴に繋がれている。

ナースが抜いたプレートと釘を持って来て下さった。

「これが俺の左手首を1年も支えてくれていたのだ」そう思うとこのプレートと釘が愛おしい。僕の宝物が1つ増えた。

今回は抜釘術だったので、麻酔が切れてもあまり痛みは無かった。前回は骨切り術だったので、身悶える痛みだったが…。

兎にも角にも、オペ室でお寒いギャグを言わなかったのが、今回の入院での大きな成長点だろう。

Posted from SLPRO X for iPhone.

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP