眠れぬ夜、Audible。

animal-1423637_1280

入院中、就寝時間は21時。起床は7時。夜が長い。僕はだいたいどこでも眠れるタイプだが、なかなか寝付けない時もあった。

そんな時、重宝したのが「Audible」

Amazonの術中にハマりまくっているわけだが、月額1,500円で聴き放題だからお得である。最近はラインナップも豊富になってきた。

今回の入院中に僕が聞いたオーディオブックは「泥の河」。
もともと宮本輝の作品は大好きで、10代の頃「青が散る」を読んで、いたく感動したことがあった。
「泥の河」は映画も良い。そして、今回オーディオブックで聞いても素晴らしかった。

Audibleはスリープタイマーがあるので、寝ながら聴くのには丁度良い。夜の長い入院生活にはもってこいだった。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP