キーンベック病体験記 その23

10月初旬、右手首のレントゲン撮影。

手術から約2カ月半。日常生活ではほぼ問題なく右手を使えるようになってきた。

しかし、握力は20前後。これから握力が増強することができるだろうか。昨年手術した左手の握力は20を超えたところで、それ以上改善することはない。


右脇の痛みは相変わらずあり、右手の疲労が蓄積してくると痛みが強くなる。触っただけでも痛いこともある。力仕事は全く出来ない。男としての甲斐性なし、だ。

最近も木製の椅子を持ち上げて数回運んだだけで、後から右手首の痛みが強くなった。右脇の痛みも更に悪化。右手首の背屈も悪くなった。

担当の理学療法士からは、重たい物を持ち上げるのは注意した方が良い、肩甲骨が前に引っ張られ右脇の痛みが強くなる可能性がある、とのことだった。

自分では、出来る、と思っていたが、過信は禁物だ。

Posted from SLPRO X for iPhone.

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP