介護現場にpepper

wen44gdh

介護現場にpepper、という記事を見つけた。

介護ソフトのケア樹|ケア樹×Pepper ロボットPepperが介護事業所様のお手伝いをします。日常会話&触れ合い、回想法会話、音楽回想法、体操&ヨガなどのコンテンツを定期更新!

ソフトバンクショップでpepperを見かけて、子供と一緒にいろいろ遊んでみたことがあるが、pepper君はなかなかとんちがきいていて面白い。
介護現場でもレクリエーションで活用できたら面白いと思う。

介護現場は常に人手不足でレクリエーションをやるにも、事故が起きないか見守りが必要だったり、トイレ誘導のお手伝いがあったり、複数のスタッフがいないと実行できない。
レクリエーションの進行役をpepperに任せたらスタッフはリスク軽減に集中出来る。
また、レクリエーション以外での時間、というのは利用者が何もしない時間、テレビを眺めている時間、ぼーっとしている時間、になっていることが多い。
そんな時間に少人数を対象に回想法や音楽レクができたら、利用者がもっと充実した時間を過ごせるんじゃないかと思う。

レクの内容のコンテンツを充実させて、コミュニケーション学習能力が洗練されれば、pepper導入のメリットは大きいんじゃないかと僕は考える。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

「介護職こそITの専門性を身につけるべき」という記事に大いに賛同。
「ふくおか電子申請サービス」が便利。
人間の尊厳を回復させるウェアラブル、排泄予知ウェアラブル「DFree」。
親が後期高齢者になったら定期的に帰省すべし。
介護事業所は従業員にも経営側と同じ情報量を持たせるべき、である。
noimage
noimage
noimage
noimage
介護にもっとITを。
介護に向いている人は、
介護業界で転職5回を経験した僕がオススメする、転職候補施設を見学に行った際に見るべきポイント5つ
AIがケアプランを作成するシステムを開発、に大いに賛成する。
介護とICT融合妄想 その1
介護職員の教育には途方も無い時間と労力がかかる。だからこそ、

Menu

HOME

TOP