Bye Byeいくじなし。

もう亡くなってどれくらい経つのかな。

忌野清志郎が亡くなった時、俄かには信じられなかった。

キワモノだったけど反戦歌なんかも多くて、政治的な発言もキレキレだった。

確か、トリビアの泉で清志郎のお母さんが「息子が音楽に溺れて困っている」なんていうエピソードもあった。


忌野清志郎が2・3sというユニット(って言っていいのかな?)で活動していた時期があった。
ちょうど僕が大学を卒業する時分で生き方に迷っていた頃。

そんな時、忌野清志郎&23’sの「いくじなし(Bye-Bye)」という曲を知った。
まるで自分の心境を歌ったような曲。詩のひとつひとつの言葉が僕の胸に突き刺さった。

いくじなしのあいつは いつでも
雨あがりの水たまり 見ただけで
荒れ狂う海に おびえちゃうほどさ

今も時々、この曲を聴く。
今でも僕はいくじなし。でも自分を知る勇気を持てるようになってきた。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP