病院や介護事業所に引き抜かれる、ということ。

病院や介護事業所に引き抜かれる、とはどういうことなのか。


年明け早々、ある病院からぼくの携帯に電話が入った。ある病院、と表現したが10数年前に勤務したことがある病院。

退職してしばらく経ったが突然の電話。電話口から聞こえてきたのは、僕の後輩。今は事務長をやっている、とのこと。

「突然の電話で申し訳ありませんが…」

懐かしさもあり、いろいろ話を聴いているうちに「戻ってきてくれないか?」という内容だった。

正直な気持ち、有り難かった。覚えていて貰ったこともさることながら、自分に声かけてもらうなんて、と思った。

病院ではあるが介護保険施設もいくつかあり、それらの事業に携わっで欲しい、ということだった。

いくつかの推測はついた。

変革を求めている、ということは確かだと感じた。

介護保険を取り巻く状況は年々厳しくなっている。

周知されていることから話せば、人材不足、待遇改善、そして介護報酬の切り下げ。これらのことから事業としての収益を上げること、これはどこの施設、法人の命題である。

声をかけて貰った、ということは現況では厳しい状況である、ということが推測できる。

僕に変革する力があるか。自問自答する。

分からない、と言ったら無責任である。収益を改善することがまず求められることだろう。

病院や介護事業所に引き抜かれる、ということはそういうことである。これは民間の企業とも変わらない。

介護や医療の現場だけのスキルだけではなく、運営や経営、人材育成のノウハウとスキルを持つこと。低賃金の業界で生き抜いていこうと覚悟を決め、そこから少しでも待遇を良くしようと思うのならば、それらを武装することが必要不可欠になる。

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP