他責の人

人間とは勝手なもので、退職したらそこに懐かしさを感じ、それまで感じていた負の感情が払拭される。様々な嬉しい言葉もかけてもらうから余計だ。思うに退職する時でなく、いつもお互いが感謝の言葉をかけあっていたら、嫌な思いもそれほど感じなくて済むかもしれない。


ところで、どこへ行っても職場のせい、上司のせい、同僚のせい、部下のせいにする人が必ずいる。そんな人は一生そういう人生を送るのだろう。自分が変わらなければ絶えず不幸を感じる哀れな人生を送ってしまうことになるだろう。

環境のせいにしない、他人のせいにしない、他責の人生を送らない。

自分が変わる、自分が変える、いつも感謝する。そうすることで幸せは向こうからやってくる。

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP