「何か新しいものを背負ったり、新しい役割を任された時、すんなりやれる人はそこまで」

8月から新しい環境で、もがいている。

前職でも、もがいていた。

なんだかずっと、もがいているような気がする。


ふと、思うのだが、もがくことで前進しているのだろう。もがくことを止めれば溺れて死に体である。

「何か新しいものを背負ったり、新しい役割を任された時、すんなりやれる人はそこまでだと。そこでもがいたり苦しんだりしたなら、お前はまだ成長できる」

福岡ソフトバンクホークスが2年前、日本一になった時、内川選手の記事が掲載されていた。

シーズン中、苦しんでいる内川選手に当時日本代表監督だった小久保に、上記の言葉をかけられたそうだ。

内川選手は、「俺ってダメだな、と思っていた時期だったので、すごく救われた。感謝してもしきれない」と言う。

もがき苦しんでいる今。

もがき苦しむことが、成長しているという「現れ」なのだろう。

ならば、この「現れ」をマイナスの感情で処理するのではなく、成長の証拠として、僕は受け入れていこうと思う。

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP