恥をかくことは成長すること

新しい部署に異動して3カ月。

まだまだ仕事に慣れない。

分からないことばかり。

分からないことが多いから、毎日不安だらけ。

恥かいてなんぼ

分からないことが多いから、人に聞くしかない。

マニュアルは一応あるが、全部マニュアルで対応出来るわけがない。

だから、聞くしかないのだ。

50手前になって、今まで俺はいったい何をしてきたのだろう、と思うこともある。

本来であれば、部下に指示を出す立場なのだろう。

しかし、自分が選択してきた結果がこれだ。

受け入れるしかないのだ。

現実を受け入れて、分からないこと不安なことは訊く。

新人なら当たり前だったことを、また繰り返す。

かつての職場でやってきたように、新人から中堅、上層部にキャリアを上がってきたように、またそれをやればいいことだ。

しかし、恥じることはない。

恥をかいても恥じることはない。

分からないことを尋ねただけだ。

自分より若い後輩に鼻で笑われようが、バカにされようが、僕は訊くという行動をとったのだ。

分からないことを分からないままにして、悶々と悩むよりよっぽど良い。

仕事はある種ゲームみたいなもので、次のステージに行くためにはいくつかの課題をクリアしなければならない。

人に訊いて、課題をクリアしていくゲーム。

僕は今新しいゲームに挑戦していて、まだ第1段階の場面。

これをクリアして、第2段階に進む。

恥をかくことは成長することなのだ。

あとがき

50手前で出向という人もいるだろうし、僕みたいに同じ業界ではあるが転職して、環境が変わった人もいるだろう。

すんなり仕事が出来て結果を出せれば、何も言うことはない。

ただ僕みたいに苦労している人もいると思う。

今まで積み重ねてきたことが全く活かせない、という苦しみを味わっている人もいるだろう。

でも、人は何歳からでも成長できると思う。

何事もチャレンジ。新しいことにチャレンジ。

その積み重ねが更に自分をパワーアップさせていくのだ、と僕は考えている。

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP