10分で読書感想が書ける方法、を学んだ。

世の中には本当に星の数ほどの本がある。

数多の本の中から、これは!と思ったもの手にして読む。

読み終わって、「あー、ためになった」

 

…、は!?それで終わり?

かく言う僕も「それで終わり」の一人。

せっかく読んだ本を、自分の人生に役立たせるためにはどうしたら良いのか。

「初心者でも10分で読書感想が書ける」に奮い立つ。

樺沢紫苑先生の「学びを結果に変えるアウトプット大全」という本を読んだ。

樺沢紫苑先生の本は、何冊か読んだが、どれも分かりやすい。

今回読んだ「学びを結果に変えるアウトプット大全」も、イラストがたくさん入っており、僕みたいな凡人にも理解しやすい平易な言葉で説明されている。

いろんなアウトプットの方法か書かれており、どのページから読んでも、これならできそう、と思わせる内容だ。

 

僕が特に「これならできる!」と思ったのが、

初心者でも10分で読書感想が書ける

という方法。

 

その方法とは、

10分で書ける読書感想テンプレート=「ビフォー」+「気づき」+「TO DO」

これを使うだけ。

 

今書いてるこの記事も、「ビフォー」+「気づき」+「TO DO」のテンプレートを使っている。

 

「ビフォー」=今まで役立つ本を読んでも「あーためになった」だけで終わっていた。

「気づき」=読書感想はテンプレートを使えば簡単に書けることが分かった

「TO DO」=早速テンプレートを使って、「学びを結果に変えるアウトプット大全」の読書感想をブログに書いてみる

 

アウトプットすることで整理でき、忘れない。

インプットは大事だが、インプットばかりだと頭の中の整理がつかなくなる。

まるで物ばかり増えた家のような状態になる。

アウトプットすることで学んだこと、本で読んだ内容を整理することができる。

全部の内容を整理できなくても、少なくとも印象に残った部分をアウトプットすることで、再確認し、自分の中に腹落ちさせることができる。

そうすることで読んだ内容を忘れにくく、且つ人生で役立たせることができるようになる。

 

樺沢先生が書かれていたが、

「アウトプットすることで人生を変えることができる」のだ。

まとめ

僕自身、書評は本を読むたび書こうといつも意気込んでいた。

ところが、読み終わって、いざ書こうとしても、なかなか筆が進まない。

どのように書いて良いのか、分からなかったのだ。

しかし、樺沢先生が提唱された、10分で書ける読書感想テンプレート、はシンプルで誰でも書ける方法だ。

これから、このテンプレートを使って、アウトプットし、人生を変えていきたいと思っている。

 


Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP