涙なしでは見られない、南島原市動画。

故郷は遠きにありて思うもの

故郷の南島原(南高来郡の方がなじんでるが)を離れて30年になる。

高校を卒業するまでの18年間、僕は南島原市に住んでいた。

県都の長崎市までバスで約2時間半。

映画館も無く、大きな書店も無く、日本の西の端の田舎から一刻も早く脱出するのを望んでいた。


高校卒業と同時に家を出た。

周りの同級生も、そのほとんどが故郷から離れた。

そして、あれほど身に染みついていた、抑揚のつきすぎるイントネーションが特徴の方言も、口から出ることがなくなった。

故郷を離れて30年。

インターネットという便利な物を使いこなせるようになった時、僕はいつも故郷の地名を検索窓に打ち込んでいた。

今はもう閉校してしまった小学校、坂を登りきった所にあった中学校。

夏休み、毎日泳ぎに行った海。

友だちと釣りに行った時、僕たちを見下ろしていた、小さな白い灯台。

ちょっとだけ都会の島原に行く時乗っていた島原鉄道。南目線は廃線になってしまった。

そして、フェリーの汽笛。

ネットで僕はいつも故郷を探していた。

実家に戻ろうと思えばできたかも知れない。

でも戻らなかった。

これから先、戻るかどうかは分からない。

故郷は遠きにありて思うもの。

そして悲しくうたうもの。

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP