通所系の相談員が家族・ケアマネと信頼関係を築く方法

ニッチな内容なので一部の人向け。

僕は大学卒業後、まだ介護保険制度も始まっていない頃、老人保健施設で介護職として働き始めた。

介護職を辞めた後、精神科ソーシャルワーカー、ケアマネ、グループホーム管理者を経て、通所リハビリの相談員となった。

相談員として約10年、結構な数のご家族やケアマネとの付き合いの中で、得たスキル。

お役に立てれば、と思い記した。

報告は分かりやすく

これはもう基本中の基本。

特にケアマネに報告するときは、

何が問題で、事業所としてどう取り組んでいるか、を分かりやすく報告すること。

気の利いたケアマネであれば、報告を基にケアプランを作成してくれるだろう。

タブレットやPCを駆使せよ

レクの様子や機能訓練の様子を、タブレットで動画

で撮っておく。この辺は個人情報に気をつけながら。

撮った動画を担当者会議の時、家族やケアマネに見せる。

家族やケアマネはリアルな情報に喜ぶ。

デイでどのように過ごしているか、いつも気になっている。

連絡帳や文書だけでは、伝わらないことも多いのだ。

動画という情報は全てを伝えることができる。

また、リハビリ加算を算定している場合、初回利用時の身体の動きを動画で撮っておく。

そして、3ヶ月後など定期的に、どのくらいリハビリの効果があり、変化があったのかを動画で撮る。

この効果や変化をタブレットで動画で報告する。

とても分かりやすい報告となる。

出来ること出来ないことをしっかり把握

家族やケアマネの要望には出来るだけ応えたい。

しかし、人員の都合や職員のスキルの程度で応えられないこともある。

出来ないことは、出来ない、としっかり応えておくこと。

曖昧にし、期待を持たせてしまってはいけない。

安請け合いし、出来ると返答してしまうと、現場が混乱する。

自事業所が出来ることと出来ないことを、しっかり把握しておくことが、相談員には求められる。

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP